八千代市の自然素材注文住宅・リフォーム の トップページへ戻る


ウレタン遮熱工法


結露ってご存知ですか?

結露とは…


寒い日、車を運転していると窓の内側が曇ったという現象を経験したことがあるかと思います。
実はこれも結露の一つです。
空気には、常にある一定量の水蒸気が含まれています。
この空気に含むことが出来る水蒸気の量は限界があります。
結露とは、空気が温度の低い物体に触れることによって冷やされ、
その温度において空気が含むことのできる水蒸気の限界量を超え、
結果その水蒸気が液体の水に変わる現象を言います。


実はこの結露という現象ですが、
家の壁の中でも起こっているのです。


ほとんどの家をつくられる方は、
35年の住宅ローンを選択されています。


しかし、家を建てて数年の間に、
このような結露が発生してしまうお家だったら…。


それは、ショックですよね。


でも、この結露は多くの家で、
起こっていることなのです。


ちょっと専門的なお話になりますが、
家づくりを失敗しないためには知っておいて損はない話です。


少々おつきあい下さい。


現在、日本の住宅に使われる断熱材は、
グラスウールや発砲系の材料が主流となっています。


ところがこれらの断熱材は、
熱移動の3原則(対流・伝導・輻射熱)のうち、
対流と伝導熱対策として採用されています。


しかし、建物に最も影響のある輻射熱対策としては、
グラスウールや発砲系の材料ではほとんど効果が期待できません。


従来の断熱材料のほとんどが
熱を吸収し、蓄えて、やがて放射します。


夏の熱帯夜・最上階の天井からの熱気による暑さは、
それらに大きな原因がありました。


そこで、この二つの相反する性質を複合させ、互いの欠点を補い、
暑さにも寒さにも対応できる断熱材を見つけたのです。


それが「ウレタン遮熱工法」です。
ウレタン現場発泡によりほぼ完璧な気密性能が期待できます。


田中住プランニングでは、
このウレタン遮熱工法を、全棟標準仕様で導入しています。


つまり、ウレタン遮熱工法以外での施工は
この先一切行わないことをお約束しています。


なぜなら、多額の費用をかけてつくられるマイホームが
結露住宅になってしまうことが許せないと考えているからです。


こういった取り組みも、
田中住プランニングを選んでいただいている理由のひとつです。



田中住プランニング『3つのこだわり』Message


 ウレタン遮熱工法
ウレタン遮熱工法

結露ってご存知ですか? 結露とは… 寒い日、車を運転していると窓の内側が曇ったと...




 あんしん資金計画
あんしん資金計画

家づくりにあたって、 お金はどのくらいかかると思いますか? では、いまイメージし...




 リフォーム
リフォーム

さて、家ができて一安心! これでもう快適なマイホーム生活が送れます...





資料請求 お問合せ